審査員の気持ちを考えろ!アドセンス審査なんて5000文字で十分!


アドセンスの審査、
私は4500文字ほどでクリアしていますが、落ちている貴方は

審査員の気持ちを考えていますか?


限られた時間での仕事で、
文字数稼ぎの長々とくだらない記事を1つでも読まされれば、私ならその時点で落とします。

つまり、貴方のブログにどんなに良い記事があっても、審査員にクオリティの低い記事たった1つ先に読まれたために、落とされる可能性があるのです。


「コンテンツが足りない」

とメールが届いたから鵜呑みにして

クオリティの低い記事を追加していませんか?

審査員が本当に言いたいのは、


評価にたるコンテンツが足りないと言うことです。


しっかりリサーチしていますか?

私はアドセンスの評価基準を調べる中で、2記事でクリアしたと言う方を見つけ、度肝を抜かされましたが、これさえ知っていれば、

記事数なんて無意味な事がわかります。

更に文字数もある程度見えてきます。

@jackstormpapaさん
グーグルアドセンスの審査を2記事で合格した当サイトの詳細設定を公開



そして


YMYL


知らない人は直ぐに調べてください。

この程度の事を知らないから貴方は落ちるんです。

つまりリサーチ不足。

良い記事を書こうと思ったらリサーチが必須です。




Googleの考え方


「将来の幸福、健康、経済的安定、人々の安全に潜在的に影響を与えるページ」

を重視します。

幸福なんて人それぞれ、
かなり漠然とした言葉を使っていますが、逆に不幸なら直ぐに分かりますよね。

お金が無い人、不健康。

これって優しいGoogle先生がそのまま教えていますよね。

ここら辺で、それなりの事を書いていれば圧倒的に優位になります。

エンタメがアドセンスの審査に弱いと言われるのはこういう事です。


だけど、その他のジャンルでもクリアしている方も沢山いますね。




貴方との違いは、

記事の深さです。


1つの記事に知りうる情報を全て載せなさい。

レストランの記事なら、
料理、外観、内装、場所、時間、休業日、
こんなもん書いてあって当たり前。

メニューはどうか?価格はどうか?接客マナーはどうか?オーナーはどうか?トイレはキレイか?トイレにベビーチェアはあるか?授乳室はあるか?かける事は色々でてきます。

目の肥えた審査員に
この人は分かってるな。
この人は凄いなと思わせるには

いらない記事は全て捨て、少ない記事、厳選した記事で勝負する。

これがアドセンス審査クリアの最良の方法なんです。




一緒に読んで欲しい記事
アドセンスを通すためのたった3つのポイント

アーリーアダプターとは何?1700万人もいる普通の人々






コメント

このブログの人気の投稿

2日なんて無理。原付2種を取りに行って分かった事

仕事の鬼 鬼軍曹が教えてくれた5つのこと。

イー・アクセスが退場した理由